上田うるし工房について

上田うるし工房では、

天然塗料であるうるしだけを使用しています。

また、刷毛を使い、若狭塗の伝統的な工程をへて、

三か月から四か月の時間をかけて、

べての作品作られています


広島県福山市でうるしの塗箸、スプーン、アクセサリーをつくっています。
化学塗料は一切使用していないので、

小さなお子様にも安心してご使用いただけます。

 

福井県小浜市の若狭で五年間、

伝統工芸士 古井正弘氏のもとで

若狭塗を修業しました。

 若狭塗箸は福井県の伝統工芸品に指定されています。

 

江戸時代にできた漆芸技法で

卵殻や貝を使いデザインします。

うるしを何十回と塗り重ねているので丈夫です。

塗りの後、柄を研ぎ出して丁寧に磨いて艶をだします。

 

 

師匠のもとで習った伝統的な若狭塗を

自分なりにアレンジし、

今の食卓にマッチしたうるしの箸を作ることを目標に

日々精進しています。

 

 

塗箸職人  上田 明彦